図7-19・20 有機質肥料の土壌物理性改良効果

 

 土壌の物理性は水はけの良さや通気性等に影響し、根の発達に大きな影響を及ぼすことはよく知られています。さらに、物理性が良くなり土壌水分が低く、しかも安定するようになると作物の品質にも好影響を及ぼすことは前述の通りです。
土壌物理性の改良を考える場合、誰しも堆肥類の施用を思い浮かべることでしょう。圧倒的に大量に施用される堆肥類には及ばないかもしれませんが、実は一定量で比べると、堆肥類より有機肥料の方が団粒生成能力は大きいことが古くから知られています。これは、有機物が土壌中で分解する過程で出来る物質が”糊”の役目をするからで、一度発酵・分解処理された堆肥類では”糊”の役割をする物質の生成量が少ないからです。
organic719.gif

 

Copyright Seiwa Fertilizer Ind. Co., Ltd.