トップ > 有機肥料講座
有機肥料講座
9. 肥料の配合適否

 肥料は、普通単体で用いられることは少なく、いくつかの肥料を組み合わせて、あるいは配合(混合)して用いられることが多いと思います。しかし、肥料の種類によっては、混ぜてはいけない組み合わせがあります。混ぜ合わせることで、アンモニアの揮散によって肥料成分が失われたり、危険を伴う場合もあります。下の表は、前田氏の有名な表です。やや古くなりましたが、つい忘れがちなことでもあり、もう一度確認しておくと良いでしょう。

PAGETOP