肥料から農産物、化学品まで 
農業の全てをサポート

目標を見つけられる
会社って良いよね。

営業課

櫻井 拓也
(2015年入社)

入社動機

会社の雰囲気が、なんたって一等賞だった。

学生時代は飲食関係のバイトに熱中していた私は、野菜などの食材に興味を持っていました。それを掘り下げたところにあるのが農業で・・・。それで就職するなら農業分野に行こうと決めていました。就活ではいろいろな会社の説明会に参加しました。その中の1つ、清和肥料工業の説明会の雰囲気がひときわ輝いて見えました。別に「華やいでいる」とか「洗練されている」とか「組織だっている」とうのではなく、むしろその真逆で、ただただ説明会での先輩の方々の話での雰囲気が明るくて快活で。なんだか一瞬で魅了されました。あの人たちと一緒に仕事をしてみたい!って思いました。それが動機です。単純といえば単純ですが・・・。

エピソード

間違った商品を届けてしまい・・・
冷や汗が!

デリバリーを担当していたときのこと。製造現場が間違った商品を作ってしまい、そうとは知らずにお客様へ届けた。当然、お客様はお怒りで…ということがありました。ミスしたのは私じゃなく現場なのに…。でも、お客様は私ではなく、清和肥料工業という会社にお怒りだったんです。私は会社を代表して怒られた。そのことに気がついてからは、どんなミスでも自分だけで抱えず、他人に押しつけてはいけない事を実感し、先輩や上司や同僚の全員で解決・再発防止することが大事なんだと学びました。

やり甲斐

少しずつだけど、
成長している自分を確認できること。

私には理想とする上司がいます。だから早くその人のようになりたい。それが今の私の目標です。そしていつか超えたい。それが仕事でのモチベーションになっています。もちろん、営業として数字が伸びることも甲斐になっています。ただし、そう簡単には上がらないのが現実。数字は、お客様へのちょっとした気配りといった努力の積み重ねの上に成り立つものです。そう簡単には上がるものではありません。なので、日々の仕事の中にも目標や楽しみを見いだすようにしています。

ワーク&ライフスタイル

普段は、朝8時過ぎに出社。その日の訪問先のアポ取りや持参する資料を用意して営業訪問しています。夕方に戻ってからは頂いた注文の手配やお客様から頂いた宿題を整理したり。結構、時間は短いですが内容的にはハードに仕事をしています。ただ、東北地方を一周するような長期出張もあります。こんときは、事前に出張先のグルメや観光スポットを調べて、仕事の合間にちょっと寄ってみたり・・・結構楽しんでいます。出張では、一日の大半を移動時間に取られます。訪問先は一日一件で商談も1時間程度ということもあります。なので地方への出張営業は、効率の良いルートを事前に調べるようにしています。

1日のスケジュール

後輩へのメッセージ

仕事とプライベートにメリハリをつける。つまり、ワークライフバランスが大事だと思います。清和肥料工業の仕事は、オンとオフがハッキリしている点も気に入っています。規則も他社ほどに細かくはないし、厳しくもありません。なので、自ら積極的に動く能動的な人には働きやすい会社です。私と一緒に「仕事は楽しく、遊びも楽しく」を実践しましょう。