header
養液栽培用肥料 ウォーターファーム ウォーターファーム1号
 ウォーターファーム・シリーズ ネット販売休止のお知らせ→
各製品の詳細はこちらをご覧ください→  
分   類 商  品  名 保証成分または含有成分(%) 包装単位
窒素全量 アンモニア
性窒素
硝酸性
窒素
水溶性
りん酸
水溶性
加里
水溶性
苦土
水溶性
石灰
微量要素
基本配合肥料

硝酸石灰と組み
合わせて標準
培養液を作るこ
とができます
ウォーターファーム1号 10.0 1.7 8.3 8.0 27.0 4.0 - Mn・B・Fe・
Cu・Zn・Mo
10kg×2
ウォーターファームS1号 9.0 - 8.5 7.0 32.0 4.0 - Mn・B・Fe・
Cu・Zn・Mo
10kg×2
ウォーターファーム果菜用 9.0 1.3 7.7 6.5 27.0 5.1 - Mn・B・Fe・
Cu・Zn・Mo
10kg×2
硝酸石灰 硝酸石灰 - - 11.0 - - - 23.0 - 20kg×1
総合微量要素 ウォーターファーム5号L
液体タイプ
- - 1.5 - 6.5 - - Mn・B・Fe・
Cu・Zn・Mo
5L×4
ウォーターファーム5号P
粉末タイプ
4.5 1.8 2.7 - 6.0 4.5 - Mn・B・Fe・
Cu・Zn・Mo
10kg×2
1kg×20
養液栽培用単肥類については こちら→ をご覧ください
 
ウォーターファームの使い方
・水100L当たり15kgの基本配合肥料(ウォーターファーム1号・S1号・果菜用のいずれか)を溶かし保存原液Aとする
・別のタンクで水100L当たり10kgの硝酸石灰を溶かし保存原液Bとする
・使用直前にそれぞれを100倍量の水に溶かし(一つの液)使用する
※育苗時など低濃度培養液を作るときは保存原液Aに所定量のウォーターファーム5号Lまたは5号Pを加え、微量要素
  欠乏を防止する
標準培養液の作り方
ウォーターファーム 使用上の注意
リストマーク 肥料投入量は、一般的な基準(水道水)ですから、作物の種類、生育ステージ、季節等によって適宜増減する必要があります。また、用水の水質等によって増減する必要がある場合があります。
リストマーク 培養液の養分バランスが許容範囲を超えて変化したとき、病原菌に汚染された場合は、培養液の全量を更新してください。
リストマーク 肥料の保管は、密封した上で、子供の手の届かない乾燥した冷暗所で行ってください。
リストマーク 強い毒性はありませんが、口や目に入れないでください。手などに傷がある場合は、ゴム手袋等を使用し、傷口に肥料が付着しないように注意してください。また、肥料を取り扱った後は、手洗い、洗顔、うがい等を行ってください。
リストマーク 農薬との混合は原則的に出来ません。特にアルカリ性農薬や金属元素を含む農薬との混合は行わないでください。
footer