header
セイワペースト
セイワペースト2号・3号製品写真 水稲用ペースト肥料の1トン容器 ペースト肥料イメージ 有機入りセイワペースト2号
N(AN)-P-K=12.0(2.0)-12.0-12.0

有機入りセイワペースト3号
N(AN)-P-K=12.0(2.4)-15.0-10.0
20kg包装品 1,000kg包装品 製品イメージ  
ロットにより容器の体裁
が変わることがあります
 
リストマーク 有機入りセイワペースト2号/3号の特徴
  • 適度な粘性で水に溶けにくく、施肥位置に長く止まり、流亡が少ない
  • 施肥直後から十分な肥効が得られ、肥料の吸収利用率が高く、特に寒冷地の初期生育と有効分げつの確保に有効です
  • コーン発酵総合栄養液を加えています
  • 沈降または再結晶化がほとんどなく長期保存でき、施肥時の混合作業を軽減できます
  • 一般的な20kg包装に加え、1トン包装があり、経済性・作業性に優れています
  • 田面水への溶出が少なく環境にやさしい肥料です
有機入りセイワペーストのパンフレットのダウンロード
有機入りセイワペーストの商品説明書のダウンロード

いずれもPDFファイルでの提供となります。Adobe Readerをお持ちでない方はAdobe社のサイトからダウンロードしてください。
get Adobe Reader
Go to Top
リストマーク 有機入りペースト肥料・使用上の注意

写真1 有機入りペースト肥料を施用した水稲に発生した初期生育停滞(辻2000)
 1990年代から滋賀県北部地域のペースト肥料側条施肥水田に特有の障害(左の写真)が見られるようになりました。田植え後30〜40日経過した5月下旬から6月上旬にかけて、分げつが停止し、草丈も伸張せず、下葉が黄化し、根痛みは特に見られない特徴があります。この症状は特に有機入りペースト肥料で現れ、窒素欠乏症と極似しており、当初は有機入りペースト肥料の効き目が遅いためだと思われておりました。
 滋賀県農業試験場湖北分場長 辻 藤吾博士(研究当時、その後弊社の技術顧問に就任)の研究の結果、易分解性有機物に起因する土壌還元に伴う硫黄欠乏症であることが判明いたしました。これまで、火山国である日本では、硫黄欠乏症は珍しいとされてきました。さらに、水稲では秋落ちとの関連から硫酸根肥料(硫安、硫加、硫マグなど)は施用してはいけないというのが常識でした。しかし、この事例では、硫酸根を含む水溶性の硫酸マグネシウムなどの施用で回避できることが分かりました。
防止対策のポイント
 1) 塩安、塩加中心の施肥を見直す。
 2) 入水時期を遅らせる。冬場の排水対策など乾田化を図る。
 3) 障害が発生した場合は落水し、硫マグ5〜20kg/10aを施用する。
 4) 障害が発生した場合に硫安を施用すると回復が見られるが、窒素は残存しているので後期の
   栄養状態を悪くする場合がある。
 5) 代掻き時にこねすぎない。

 滋賀県湖北地域は作土深が非常に深い等の特徴がありますが、他の地域でも本障害が発生しているかどうかは不明です。しかし、どこの水田でも発生する可能性はあると思われます。窒素欠乏症と紛らわしいだけに十分な注意が必要だと思われます。
 
ペースト肥料施用水稲に発生したイオウ欠乏症に関する資料
清和肥料工業株式会社編 有機入りペースト肥料を施用した水稲の初期生育抑制障害
 ※辻博士の研究結果を弊社で取り纏めた資料です。防止対策等の参考にしてください。
downlord約93キロバイト 
辻 藤吾: ペースト肥料による水稲の初期生育抑制障害と障害に対する資材の施用効果(滋賀県北部早植水稲の期生育抑制障害原因究明と対策技術について・第1報)、日本土壌肥料学雑誌、第71巻、454〜463(2000) downlord約1メガバイト
辻 藤吾: 水稲の硫黄欠乏症による栄養障害と硫黄吸収特性(滋賀県北部早植水稲の期生育抑制障害原因究明と対策技術について・第2報)、日本土壌肥料学雑誌、第71巻、464〜471(2000) downlord約741キロバイト
辻 藤吾: 水稲の初期生育抑制障害発生に伴う水田土壌の硫黄含量の変化とその実体(滋賀県北部早植水稲の期生育抑制障害原因究明と対策技術について・第3報)、日本土壌肥料学雑誌、第71巻、472〜479(2000) downlord約718キロバイト
Go to Top
footer